2018年 西郷どん

西郷どん主題歌(オープニング)あのキレイな声は誰?歌手・歌詞まとめ

更新日:

壮大な楽曲と映像で始まるオープニングテーマ(主題歌)は、1年間続くまさしくドラマの顔ですよね!

そして、「西郷どん」のオープニングテーマ(主題歌)も、すでに多くの方が見ていらっしゃることでしょう。

鹿児島や島々のきれいな絶景がたくさん登場しますよね。

そして今回注目したのが、後半から聴こえてくるなんともいえない心地よい島唄です。

 

この記事では、「西郷どん」のメインテーマを歌う美しい歌声の持ち主・里アンナさんについてまとめてます。

実は劇中にも登場しているんですよ^^

 

スポンサーリンク

『西郷どん』オープニングテーマ(主題歌)のここで聴ける!

番組開始当初は、「ア~ア~」という女性のスキャット(意味を持たない言葉で即興風に歌う歌唱法)でした。

島唄独特の節回しで、これだけでも心地よかったのですが、5月放送の第18回からそのメロディーに歌詞がついています。

 

これがリニューアルされたオープニングテーマ曲『西郷どん~メインテーマ~すらちまいあがれVer.』です。

曲の後半、ほぼ佳境にさしかかるところで絶景である滝が映ります。
さらに画面は海の中へ・・・
優雅に泳ぐクジラをバックに、その歌声は聴こえはじめます♪

 

スポンサーリンク

歌手・里アンナさんとは?

その歌声の持ち主が、奄美市出身の歌手・里アンナさんです!

こちらのツイートでその歌声を披露しています。

奄美大島の絶景が目に浮かぶようです^^
素敵な歌声ですね!

 

里アンナさんプロフィール

  • 出生名:里 アンナ
  • 別名:ANNA
  • 誕生日:1979年8月22日(38歳)
  • 出身地:鹿児島県奄美市(旧笠利町)
  • ジャンル:J-POP、民謡(奄美シマ唄)
  • 職業:歌手
  • 担当楽器:三味線、奄美竪琴

 

3歳より祖父に島唄を習い、島唄の大会では数々の受賞歴がある実力者。
2005年「恋し恋しや」でメジャーデビューを果たしました。

歌の世界だけにとどまらず、2013年、15年にはミュージカル「レ・ミゼラブル」にフォンテーヌ役で出演するなど活躍をされています。

また、2016年ニューヨークでの単独島唄ライブや、イタリア、北欧など世界のさまざまな地域の歌手と共演されているそうです!

 

「西郷どん」にも出演している!

里アンナさん、「西郷どん」で女優デビューも果たされました!
第18回から出演されています!

役どころはとぅま(愛加那)の兄・富堅の妻・里千代金(さとちよかね)。

ドラマの中でもその美しい歌声が響き渡る場面が出てきます。

 

スポンサーリンク

「西郷どん」主題歌の歌詞は?

それではリニューアルされたオープニングテーマ(主題歌)の歌詞とはどのようなものなのでしょうか?

こちらが「メインテーマ~すらちまいあがれVer.」の歌詞です。

「西郷どん~メインテーマ~すらちまいあがれVer.」

◆奄美ことば◆
すらちまいあがれぃ
なだぼこぼさず
あぶぃてぃ
うらんなりゅんちゅんきゅぬ
うむいー
ヨーハレィヨハレィ
かなむあふりてぃゆぬたむぃじ

◆歌詞の意味◆
大きくはばたけ
涙をこらえ
叫び出す
散りゆく人々の信念を
ヨーハレィヨハレィ(かけ声)
愛があふれる世界のために

 

当時、島妻は島の外に連れて行くことができないという、藩の厳しい決まりがありました。

再び薩摩へ戻るという命令が下ったということは、愛加那との別れを意味していたんですね~。

西郷と愛加那の結婚生活は、たったの3年・・・。

愛加那や島の人々の思いに想像を膨らませ、改めてこの歌詞をみると、島の人間に生まれたことの定めや覚悟を感じ胸が詰まります。TT

 

【追記】里アンナさんが歌う
「西郷どん」テーマライブバーション

里アンナさんのライブ映像が公開されました!
こちらであの歌声を堪能することができますよ♪

 

音楽担当は史上最年少!富貴晴美さん

そして、「西郷どん」の音楽を担当しているのが、大河ドラマ史上最年少の富貴晴美さんです!
33歳!お若いのにスゴイ!

さらに富貴さん、この「西郷どん~メインテーマ~すらちまいあがれVer.」の作詞もされてますよ~!

富貴晴美さんプロフィール

(ふうき はるみ)
誕生日:1985年6月4日
出身地:大阪府
作曲家・編曲家・ピアニスト

映画「わが母の記」「日本のいちばん長い日」「関ケ原」で日本アカデミー優秀音楽賞を3度受賞されています。

また、連続テレビ小説「マッサン」等、数々の話題作を手掛けています。

 

まとめ

いかがでしたか?

戊辰戦争、南北戦争・・・・
陸軍の大将として表舞台で活躍した西郷隆盛ですが、その陰には奄美大島や沖永良部島の人々との生活がありました。

今回の大河ドラマ「西郷どん」は、そのような歴史の裏側にスポットがあてられています。

 

ただ、ドラマではきれいに描かれた島での生活も、やはり当時は大変なものだったといいます。

奄美大島へたどり着いた当初、西郷は精神的にかなり追い詰められた状態で、
木刀を振り回したり大声を上げ、島民からは「大和のフリムン(狂人、大ばか者)が来た」と言われていたようです。

 

徐々に島の生活に馴染んできた西郷は、龍家の一族である愛加那を妻に迎えます。
愛加那との生活で、西郷はようやく生きる力を取り戻したのです!

のちの西郷隆盛の活躍は言わずと知れたものですが、その陰にはどれほどの涙を流したであろう愛加那を思わずにはいられません。

そんな思いを巡らせ、このメインテーマをじっくりと聴いてみてくださいね^^

【関連記事】
☞西郷どんオープニングテーマ曲のロケ地はここ!鹿児島の絶景スポット

☞大河ドラマ歴代オープニング曲《幕末~明治特集》龍馬伝・篤姫・新選組ほか…
☞大河ドラマ歴代オープニング曲《戦国~江戸特集》独眼竜政宗から直虎まで♪

スポンサーリンク

-2018年 西郷どん

Copyright© 大河ドラマ情報.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.